• HOME
  • 贈与と相続

贈与と相続

jyosei0001.jpg

ここでは、贈与と相続に関して説明していきます。

まず、贈与とは何かということですが、贈与とは「あげます」「貰います」という双方の意思の合意による、一種の契約です。

口約束だけでも成立しますが、土地や建物といった不動産を贈与する時などは所有権の移転登記を行うことになります。

また、贈与というのは財産を貰うわけですから、お得な印象があるかも知れませんが、お金を払わない分、贈与税という相続税に比べて税率の高い税金がかかります。

よって、損をしないためにも、必ず事前に専門家に相談するようにしましょう。

 

贈与すべきか?相続すべきか?

jyosei0001.jpg

前述の通り、贈与を行った場合、一般的に相続税よりも税率の高い贈与税がかかるため、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります。

ですから、節税対策として贈与を考える場合は、贈与と相続の分岐点を理解しておくことが必要です。

ここでは贈与すべきか?相続すべきか?についてご説明いたします。

贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります

生前に贈与することで節税をと考える場合、贈与分岐点を活用することで、将来相続税評価額が高くなると思われるものを評価額が低いうちに贈与することができます。


贈与分岐点

zouyobunkiten.png

毎年どのくらいを贈与すればよいか、その判断基準として、以下の税率比較表を参照のうえ、判断をします。

贈与税

税率

相続税

200万円以下

10%

1000万円以下

200万円超300万円以下

15%

1000万円超3000万円以下

300万円超400万円以下

20%

3000万円超5000万円以下

400万円超600万円以下

30%

5000万円超1億円以下

600万円超1000万円以下

40%

1億円超3億円以下

1000万円超

50%

3億円以上

 

生前贈与は計画的に

贈与後3年以内に相続が発生すると、贈与財産は、相続財産に含まれるため、相続税が課せられます。したがって、相続の開始が近いからという理由で、間際に贈与をして相続税を減らそうとしても、3年以内に相続が発生してしまうと、その効果は発揮されません。

相続対策は、今から計画的に実行することをお勧めします。
なお、財産を取得した時に贈与税を支払ってしまっている場合には、その贈与税額を相続税額から控除することもできます。

 

贈与税の非課税枠が拡大

2010年度の税制改正で、親から住宅取得資金として贈与を受ける場合、非課税枠の特例が拡大しました。 

そこで、この贈与に対する優遇税制の中身についてはこちらからご確認下さい。


贈与と相続


贈与税


贈与すべきか相続すべきか


贈与税の非課税枠が拡大



ImgTop28.jpg

事務所に関する詳しい情報こちらをご覧ください! 

matusima-egao0004.png

事務所紹介

 

相続手続サポート料金

 

アクセス

スタッフ紹介

 

相続税申告のサポート料金

 

代表あいさつ